• タイムカードによる勤怠管理の問題点とは

    タイムカードによる勤怠管理は、コストをかけずに手軽に導入できることがメリットですが、問題点もあります。



    一番の問題点は、不正がしやすいということでしょう。
    例えば、遅刻をしたり、欠勤をしたのに、友達に頼んでタイムカードを打刻してもらうという不正をする人がいます。


    リーダーなどがしっかりとチェックをすることで、不正は防げますが、そのために費やす時間を考えると、それほど頻繁にチェックができるというわけではありません。

    特徴のあるgoo ニュースに関する有益な情報が満載です。

    特に、多忙な時期には、不正を見逃してしまうということもあるでしょう。

    もっと大きな問題は、残業代の未払い請求になるでしょう。



    残業代の未払い請求と言えば、企業側が加害者であり、労働者は被害者であるという風潮がありますが、中には企業側が被害者であるケースもあります。
    仕事が終わった後に残業の指示がないのに勝手に残業をしたり、同僚とおしゃべりをして時間を過ごして、タイムカードを遅い時間に押したりして、数年経過した後になって、残業代の未払い請求を起こすということも実際にあるようです。タイムカードは裁判で証拠となりますので、労働者のほうが不正をしているのにそれを証明できず、残業代を支払わなければならないという結果になってしまうこともあります。
    勤怠管理システムを導入することで、これらの問題点は解決ができます。
    これからの時代は、勤怠管理システムのほうが主流になるという意見があります。
    タイムカードの需要はこれからもなくなりませんが、こういった問題点について理解をして、対策をすることが重要になるでしょう。


  • 関連情報

    • タイムカードによる勤怠管理はごく一般的に行われています。出勤時に社員は自分のタイムカードを打刻機に挿入し、出勤時刻が自動的に打刻され、退勤時にも同様というのが普通のタイムカードです。...

  • 知識を増やす

    • 紙のタイムカードは非常に導入しやすく、便利なものです。日本でも戦後から使われ始めた紙のタイムカードは、勤怠管理の主役として高度経済成長期を支えてきました。...

  • 初心者向き技術

    • 昨今では、従業員の適切な勤怠管理は企業にとって必須です。有名企業での超過労働や過酷な労働環境、その結末としての悲劇が報じられ、企業のイメージも非常に華やかなものからブラック企業へと変化してしまいました。...

  • 学びたい知識

    • 勤怠管理は従業員が適切に働いているか管理をするということで、会社や店舗など勤務している時間を記録して管理できるようにします。これまで一般的に使用されていたのがタイムカードによる勤怠管理です。...