• タイムカードによる勤怠管理

    タイムカードによる勤怠管理はごく一般的に行われています。



    出勤時に社員は自分のタイムカードを打刻機に挿入し、出勤時刻が自動的に打刻され、退勤時にも同様というのが普通のタイムカードです。

    この方法は勤怠管理上の利点が多いためによく使われています。

    まず、時刻打刻が機械式であり、間違ったり、意図的に別の時刻を記入するというようなことができません。

    YOMIURI ONLINE情報選びをサポートするサイトです。

    社員自身の手による記入であればこのようなことが起こり得ますが、機械である限りはそういうことは起こらないわけです。
    しかし、タイムカードによる勤怠管理には限界もあります。

    確かに機械が打刻してくれますが、その機械に通すという必要があります。
    普通、機械の数は限られています。
    そして、出勤時刻、退勤時刻も一時に集中するという会社が多いでしょう。

    そうなると、社員の数が多ければ多いほど、一つの機械の前に社員の列ができるというようなことにもなります。



    また、集計時にも決して簡単ではありません。

    機械がやってくれるのはただ単に時刻を打刻するだけという場合がまだまだ多いでしょう。実際にある社員の勤務時間を知ろうと思えば、一つ一つ計算をしなければなりません。

    実際にはそういうことは非常に煩雑な作業になりますので、エクセルシートなどを用いている会社も多いでしょうが、データ入力に時間がかかるという意味では似たり寄ったりです。こういうことから、タイムカードよりもさらに効率的な勤怠管理方法が求められているのです。