• タイムカードの勤怠管理方法

    勤怠管理は従業員が適切に働いているか管理をするということで、会社や店舗など勤務している時間を記録して管理できるようにします。これまで一般的に使用されていたのがタイムカードによる勤怠管理です。

    タイムカードは紙製のカードで出勤したとき、退勤したときにタイムレコーダーに通して時間を記録するという方法なのです。


    紙製のカードのため時間が印字されることになり、打刻があれば出勤しているということがわかります。勤務時間数については出勤時間と退勤時間を見てその差より勤務時間数を計算することになります。



    勤務時間数には休憩時間が入っている場合はその時間も除いて計算をしなければなりません。


    日々の勤務時間数を計算して、それから月の勤務時間数や出勤日数を計算することになります。
    しかしそれだけではなく、残業時間も計算しなければなりません。
    残業は1日、1週間、1ヶ月といった単位で見比べていかなければなりません。


    それは労働基準法で1日8時間、週40時間というきまりがあるということと、月の規定時間があるためです。



    タイムカードではこれだけの作業を行って勤怠管理のための日数や時間数を計算を行うことになります。
    しかし最近はタイムレコーダーの機能がよくなっていることもあり、自動的に計算する仕組みを作ることができます。
    毎日勤務時間も自動計算できれば勤怠管理もより精度が高くなってくることになり、その結果を給与計算にも使用することができます。