iPhoneXが実装する豊富なカメラ機能

iPhoneXが実装する豊富なカメラ機能

林檎がかじられた様なロゴで知られるメーカーで発売されたiPhoneXには、様々な工夫がほどこされてい刷新が盛り込まれています。

その中で、外せない機能の一つとしてカメラが挙げられます。

背面を見るとカメラが左上に一つ、そして僅かな間を隔てて下側に一つという独特の構成が印象的です。

このカメラは広角と望遠という機能を備えており、何れも1200万画素を誇ります。
また画素数の多さは鮮明な映像を撮影する一要素ですが、レンズの明るさを示すF値も併せて考慮する事が大切です。


F値は値が小さくなる程一遍に多くの光を吸収出来、ノイズが少なくて済むというメリットがあります。



そしてiPhoneXでは広角のF値は1.8・望遠は2.4ですから、コンパクトタイプのデジタルカメラよりは綺麗な映像が撮れるでしょう。

iPhoneXでの撮影目的は一般的な写真撮影のみならず、映像の細部を拡大して閲覧・映像重視系SNSへのアップロード等が考えられます。



あるいはA4サイズならフル解像度での印刷が可能ですし、グラビア誌等のレベルもクリアー出来るでしょう。注意したいのは画素数が増えればそれだけ、データーサイズも増加します。

ですから沢山の写真等を取りたい場合は、iPhoneXの64GBよりも256GBを選んだ方が良いかも知れません。

さてiPhoneXのカメラは写真撮影等の目的以外に、顔認証の為にも利用されています。


このシステムは現実的でマスクをしたり伊達メガネを掛けても正確に認証してくれるので、これからはスマートフォンの世界では一般的になるかも知れません。