楽になったiPhoneXへの移行作業

iPhoneX以前のハードウェア利用者が既存のデーターを、iPhoneXに移行する為には二つの方法が知られています。

それはミュージック管理アプリを利用する方法と、オリジナルのクラウドサービスを利用する方法です。
手続きとしては移行元のハードウェアでバックアップを取得後、iPhoneXで同期を取る事で移行を完了します。
注意したいのは前者はパソコンは必須であり、後者はパソコンは不要ですがWi-Fi環境が必要な事です。


前者の場合には、パソコンの補助記憶装置等の空き容量を確認しておきます。


移行元のデータ容量よりパソコンの空き容量が少なければ当然ながら、完全なバックアップを作成出来ません。

ですからハードディスク等を別途購入し、補う方法も採れるかも知れません。


しかし余りお金は掛けたくない場合には、無料のクラウドサービスを利用しても良いでしょう。



一方後者の場合コンビニエンスストアやカフェ等にあるWi-Fi環境では無く、自宅等に用意してある安定したWi-Fi環境が理想的です。

更にバッテリー容量が少なくとも、半分以上残されている事も確認しておきましょう。

またバックアップを取得する前には、移行元のスマートフォンにてオペレーティングシステムのバージョンを最新にアップデートしておきましょう。



こうする事で、iPhoneXへの移行作業が容易になります。



その内容は移行元と移行対象のハードウェアにて、幾つかの操作を行うと移行元の画面に特殊な映像が現れます。


その映像を、iPhoneXの画面にある円状の枠内に収まる様に向けて見ましょう。

すると、認証後に復元メニューを選ぶ程度の作業だけで移行が完了します。