• タイムカードで適切な勤怠管理

    昨今では、従業員の適切な勤怠管理は企業にとって必須です。
    有名企業での超過労働や過酷な労働環境、その結末としての悲劇が報じられ、企業のイメージも非常に華やかなものからブラック企業へと変化してしまいました。
    現代ではSNSを使って個人が情報を発信するのも簡単になり、勤怠管理を疎かにしていることで社員にブラック企業であると発信されると、その情報の拡散を止めるのは困難です。


    企業のリスク管理としても従業員の勤怠管理は必須であり、そのために有用なのはタイムカードです。


    タイムカードとは、従業員が出社時や退社時にタイムレコーダという機械を通すことで、出社時刻や退社時刻を打刻するカードです。

    タイムカードを導入していない企業では、自己申告による勤務時間の把握となる場合もありますが、従業員の良心に任されるため実労働より多く申告する人間が出てくることは防げません。



    責任感の強い従業員ほど、想定より仕事に時間がかかったとき後ろめたさから残業時間を申告しない可能性が高く、正直者ほど損をする負のスパイラルを招きがちです。

    最先端のYahoo!ニュース関連の情報をたくさん掲載しています。

    タイムカードはあくまで客観的な数字で労働時間が示されるので、公正な勤怠管理に役立ちます。



    課題としては、タイムカードを押す前または押したあとのサービス残業を強いる企業が存在することですが、これは前時代的な企業の風土それ自体に問題があり、ワークライフバランスのとれた現代的な企業へと変化を遂げることが求められます。