• 紙のタイムカードによる勤怠管理の問題を改善するには

    紙のタイムカードは非常に導入しやすく、便利なものです。

    日本でも戦後から使われ始めた紙のタイムカードは、勤怠管理の主役として高度経済成長期を支えてきました。



    このタイプのものは、まず設置してカードを購入しておくだけで良いという導入の簡単さ、費用の少なさが最大のメリットです。

    また、使う側にとっても使い方が分かりやすく、バイトなどを多く抱える場合にも教育がほとんど必要ないのも大きな点と言えるでしょう。



    シンプルで分かりやすいということは非常に重要なことです。



    しかし、髪のタイムカードを使った勤怠管理には問題点も多くあります。
    まず、勤怠管理としてもっと重要な勤怠状況の把握をしづらいこと。打刻情報は従業員一人一人のタイムカードに打刻されるため、チェックする際は一枚ずつ閲覧するか、別のところに入力等しておく必要があります。これでは手間が掛かる上にチェックも漏れがち、遅れがちになってしまいます。

    またこれは給与計算にも当てはまります。給与を計算するためには打刻情報を再入力し、集計する必要があります。


    これは手間が掛かる上にミスが発生するリスクもあるものとなります。


    給与計算のミスは従業員の信頼を著しく低下させるのでなるべく避けたいところです。
    しかし、これらの問題点を改善する新しいタイプの勤怠管理システムがあります。

    それが、ICカードとクラウド連携をしたタイムレコーダーを使うタイプのものです。
    このタイプのものなら、打刻情報はインターネットを通じて即座に勤怠管理システムに格納されますので、ミスもなく、またリアルタイムに近い形での勤怠状況を閲覧することもできます。


    このタイプのシステムを導入する企業は、今後も増えていくのではないでしょうか。